皮膚科 脱毛

医療レーザー脱毛と美容光脱毛の違いって?

痛みか効果か?レーザー脱毛と光脱毛の違いとは

 

 

エステや病院の脱毛に頼る人は多いもの。しかし一口に脱毛施術、と言っても大きく違う事をご存知でしょうか。

 

 

病院やクリニックで使われるレーザー脱毛

最大のメリットは、効果がとても強い事で、永久脱毛にかかる時間も短くてすみます。また医師免許を持っていないと扱えない機械でもあるので、万が一怪我ややけどをした場合のサポート体制がしっかりしているのも好評価です。
デメリットは、人によってはかなりの痛みを感じるという事です。輪ゴムで肌をはじいたような痛みや、針で刺したような痛みで、、特に日焼けや地黒の人は鋭い痛みを感じる事があります。
もう一つは、一回一回の施術費用がかなり高額である事です。

エステサロンで使われる事が多い光脱毛

痛みがほとんどなく、一回あたりの費用はレーザー治療よりも安く設定されています。またエステという性質上、体験コースがたくさん用意されており、一度試してから決められるというところも心強いでしょう。
欠点は効果が低い事。即効性はあるのですが持続性には乏しく、永久脱毛には非常に時間がかかります。レーザー脱毛の施術回数が平均5回であるのに対し、光脱毛の場合は15回以上になる事も珍しくありません。その為かかる費用が結果的に大きくなってしまうというデメリットがあります。
またエステシャンには何の資格もいらない為、信頼できるサロンを選ばなければ事故が起こる危険性もはらんでいます。

使い分けよう、レーザー脱毛と光脱毛

美点欠点を併せ持つ二つの方法ですが、一番良いのは「自分は何を求めているか」を明確にし、脱毛を受ける事です。
ブライダルエステを筆頭に、「ドレスを着る時だけ綺麗にしたい」というのであれば光脱毛で十分ですし、「無駄毛自体から解放されたい」と願うのであればレーザー脱毛を選ぶ方が効率がよいでしょう。
自分のライフスタイルや目的にあわせ選択するのが、賢い消費者といえます。

医療脱毛の基礎知識|アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー

レーザー脱毛の仕組み

 

「脱毛をしたいけど、痛いのは嫌」
「いろんなエステでいろんなレーザー脱毛があるけど、どうせ全部一緒なんでしょ?」
「違いなんてあるのかなぁ…」
初めてのレーザー脱毛は不安がいっぱいですし、効果の程も心配です。自分が納得していない状態で受けてしまっては、ストレスもたまって効果も半減。しっかり学んで不安をなくしてから挑みましょう!

 

レーザー脱毛はその名前の通り、光の投射による脱毛のことです。茶色や黒色に反応し、吸収する光を当てて、毛根をはじめとする無駄毛の周りを「攻撃」します。この攻撃に耐え切れず、無駄毛は抜け、毛の成長具合によっては完全に抜き去る事も可能です。
レーザーが反応するのは「色」なので、肌には軽い痛みがある以外は無害です。日焼けしちゃってちょっと不安、という方はスタッフに相談してみるのがよいでしょう。

 

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーの違いって何?

 

レーザー脱毛の代表的な種類であるアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーはどんな違いがあるのでしょうか。肌の調子やもともとの色によって、向き不向きも変わるので、しっかり頭においておきましょう!

 

アレキサンドライトレーザーは、その名前の通り、アレキサンドライトという宝石を使ったものです。太陽光の当たり方で色が変わる美しい宝石で、物語などにもよく登場しますね。
このレーザーの特徴は、どんなタイプの肌にも対応してくれる事。肌の調子を選ばないので汎用性が高く、痛みは輪ゴムで軽くはじいたような痛みです。

 

ダイオードレーザーの最大の特徴は、地黒な人やほくろが多い人でも施術可能という事です。レーザーは「色」に反応する仕組みですから、日焼けや地黒の人の場合、アレキサンドライトレーザーでは対応不可になってしまう事があります。
ですがこのダイオードレーザーならばその点がクリアできるので、夏の終わり、日焼けをしてしまって困っている、という方はこちらの方法を選んでください。痛みは針でつついたようなものなので、やや刺激が強いといえます。
どちらも効果は変わらないので、肌の状態で決めてくださいね。